知識地図とシナリオの具体例

メインメニュー

Top > 知識地図とシナリオの具体例

実例をご紹介します

業界シナリオ

2000年の初めにある業界団体で知識地図をもとに議論した実例を紹介する。知識地図のテーマはASP( Application Service Provider )である。1999年は、米国の西海岸でまだドットコムバブルがはじける前であり、多くのハイテク・スタートアップ企業が活発に新しいビジネスモデルと技術をひっさげ活動している時代であった。これらの企業は総称してドットコム企業と呼ばれており、ITジャーナリズムをにぎわせていた。これらドットコム企業は、自社のITシステム(いわゆる社内システム)の構築にエネルギーを割くよりは手持ちの技術やビジネスモデルを先鋭化し、業界でスピーディに動くことに主眼をおいて活動していた。いわゆるコアコンピタンス経営といわれる考え方である。このような考え方で経営を進めるドットコム企業を相手にして、既存の企業アプリパッケージ(ERP、CRM、SCMなど)をサーバー上に設置してインターネットを経由して業務アプリのサービスを提供するビジネスが出てきた。これがアプリケーションサービスであり、このサービスの提供者がアプリケーションプロバイダー(ASP)である。このASPのビジネスモデルが日本国内のIT業界を騒がせることになる。早速ASPに関する業界団体が組織され、ASPというビジネスモデルの可能性が議論され、多くの会社がASPの試行サービスを始めることになる。NTTデータから派遣されてこのASPに関する業界団体(ASPIC)の理事をすることになった児西は早速ASPに関する知識地図を作成した(図1)。

  (図1を挿入)・・・・・・拡大図を付す。

将来どのように展開していくのか混沌としていて、はっきりしないテーマを様々な角度から情報を集め、知識地図にすると多くのことが見えてくる。知識地図が得意にする適用分野である。業界団体における最初の全体ミーティングで児西は、図1の知識地図を解説するプレゼンテーションを行った。この先どのように展開するのかよく分からないと言っている人々の前で知識地図から何が読み取れるのかをプレゼンしていったわけである。この知識地図からは、多くのシナリオが読み取れる。また、この新しいビジネスモデルを武器にこの市場に参入しようとしているITプレイヤー達のポジショニングがクリアに見て取れるのである。まるで関ヶ原の合戦布陣図を眺めるような感覚である。このミーティングでは児西のプレゼンが進むにつれてセンセーションが拡がっていく。しかも、プレゼンテーションと同時進行的に出席者の意識をリアルタイムのアンケートを行った。このアンケート結果を再び知識地図にしたのが図2である。

(図2挿入)・・・・・・拡大図を付ける

地図というのは、人々がコミュニケーションをするためのツールとして機能する。等高線と河の流れの両方をみればその川筋が急流であることが読み取れたりする。その地図を囲んでどの地点で河を渡るのがいいのかを人々は議論したりする。地図はコミュニケーションの共通の枠組みを提供し、また地図に記述されている以外の知識を持っている人が議論に参加すれば新しい答えが見つかることもある。三国志、赤壁の戦いでは「12月という冬の時期に東南の風が吹く日がある」という知識がキーになる。同じ地図を見ても地図を見る人の知識と地図に表現されている知識が相互作用を起こし、作戦が違ってくるのである。知識地図でもこれと同じである。図1の児西のプレゼンテーションと今後のASP展開に関する仮説としてのシナリオの提供。これに加えてASPICに集まっている業界人の知識が相互作用をして新しい知識が得られることになる。その結果を時系列のシナリオ図にしたものが図3である。

(図3挿入)・・・・・これには拡大図は付さない。

社会シナリオ

ナレッジプロデュースでは、知識地図を作成してシナリオを開発するのが普通の手順である。しかし、文献調査をもとにシナリオをいきなり開発することもある。その例が図4である。図4は2004年の初めに次の10年を占う図として作成した社会とライフスタイルのシナリオである。

   (図4挿入)・・・拡大図を付す。

ナレッジプロデュースのお客様は、情報技術に近い業界の方々が多いので、図4のような社会シナリオをもとにどのような技術を使ってどのようなサービスを実現すればいいのかなどを議論する。図4はそのためのフレームワークのようなものである。

ナレッジアグリゲーションの役割としての地図やシナリオ

知識地図もシナリオ図もかなり広い分野・領域の知識を俯瞰できる形に表現することに大きな意味がある。あまりにシャープにあるテーマに絞り込んだ知識からはなかなか新しいアイディアや発想は生まれにくい。このあたりにはアナロジーという人間の頭の中の素晴らしい推論の仕組みが関係しているようだ。ある別の分野で起きていることを知って、それに似たことが自分領域ではどのように起こるのか? このように考える時によく新しいアイディアがひらめく。このため、知識地図を描くときには意図的にワイドフォーカスで情報を集めて地図上にマッピングする。これはシナリオ図でも同じである。図5は、「感性と技術の融合」という魅力的なテーマで研究を進める場合にどのような研究テーマがあるのか、研究テーマを探索する目的で作成したシナリオ俯瞰図である。このシナリオ俯瞰図では、建築やインテリアデザイン、生物学、心理学、感性情報学、ヒューマンインタフェース技術、知識処理技術や情報処理系のアーキテクチャという非常に広い領域について、研究開発の思想の流れを1980年代、1990年代、そして2000年代という時間フレームで俯瞰する。このようなシナリオ俯瞰図をもとに研究者が本格的に議論すれば多くの新しい研究テーマや研究開発プロジェクトを定義することができる。

    (図5を挿入)

俯瞰図はこのように多くの領域の知識をアグリゲートするので、アナロジーによる刺激が活発になり、また境界領域における新たな道を切り開くきっかけにもなる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 30 Oct 2007 11:24:34 JST (4006d)
© Knowledge Produce Inc., 2005.