連載物語 の変更点

 

 CENTER:
 *      わが旅、次世代コンピュータ [#q477e801]
 CENTER:&size(18){''〜真実は細部のエピソードに宿る〜''};~
 CENTER:&size(18){''児西清義''};~
 ~
 CENTER:''長編の連載を開始します。毎週更新していきますのでお楽しみに・・・''~
 
 
 
 **第1編 第五世代への旅 [#z7568129]
 
 ***第1章	新しい産業政策を [#ab04cff9]
 
 >
 |BGCOLOR(white):児西は電電公社から通産省に突然出向を命ぜられる。1978年2月。この児西が第五世代コンピュータの企画に着手するにいたる経緯。政策の曲がり角にたっている通産省で児西は水を得た魚のように活動を始める。第五世代を新しい政策のモデルにと考える。|
 
 >
 -[[電子政策課 (1.1)>連載物語/電子政策課 (1.1)]]                  2005.10.20
 -[[アイディア官庁 (1.2)>連載物語/アイディア官庁 (1.2)]]            2005.10.26 
 -[[何かできるかも知れない (1.3)>連載物語/何かできるかも知れない (1.3)]]         2005.10.31
 -[[政策の曲がり角 (1.4)>連載物語/政策の曲がり角 (1.4)]]              2005.11.3
 -[[ユーザ官庁と手を結ぶ (1.5)>連載物語/ユーザ官庁と手を結ぶ (1.5)]]  2005.11.11
 -[[地図で表現する (1.6)>連載物語/地図で表現する (1.6)]]    2005.11.20
 -[[新しい発想の政策は可能か (1.7)>連載物語/新しい発想の政策は可能か (1.7)]]   2005.11.26
 -[[メーカとの摩擦 (1.8)>連載物語/メーカとの摩擦 (1.8)]]    2005.12.3
 -[[IBMの足音が聞こえる (1.9)>連載物語/IBMの足音が聞こえる (1.9)]]   2005.12.3
 
 ***第2章	船乗りを集め、地図をつくる [#zf03974c]
 
 >
 |BGCOLOR(white):非ノイマンをスローガンとする研究開発計画をどのように立ち上げるか。児西はそのデッサンを始め、プロジェクトを企画する体制のキャスティングにとりかかり、多くの印象的な人々に出会う。|
 
 >
 -[[プロジェクトのデッサンを始める (2.1)>連載物語/プロジェクトのデッサンを始める (2.1)]]  2005.12.9
 -[[七人の侍を集める (2.2)>連載物語/七人の侍を集める (2.2)]]  2005.12.16
 -[[栗田昭平とADL社調査 (2.2.1)>連載物語/栗田昭平とADL社調査 (2.2.1)]]  2005.12.16
 -[[上條史彦 (2.2.2)>連載物語/上條史彦 (2.2.2)]]  2005.12.21
 -[[國井利康 (2.2.3)>連載物語/國井利康 (2.2.3)]]  2005.12.24
 -[[石井威望、綾日天彦 (2.2.4)>連載物語/石井威望、綾日天彦 (2.2.4)]]  2005.12.26
 -[[石崎純夫、松井好、唐津 一 (2.2.5)>連載物語/石崎純夫、松井好、唐津 一 (2.2.5)]]  2005.12.29
 -[[研究者を集める (2.3)>連載物語/研究者を集める (2.3)]]  2006.1.11
 -[[渕一博との出会い (2.3.1)>連載物語/渕一博との出会い (2.3.1)]]  2006.1.11
 -[[電子計算機開発のパイオニア達 (2.3.2)>連載物語/電子計算機開発のパイオニア達 (2.3.2)]]  2006.1.18
 -[[電総研研究者との出会い (2.3.3)>連載物語/電総研研究者との出会い (2.3.3)]]  2006.1.19
 -[[電電公社、通研へのアプローチ (2.3.4)>連載物語/電電公社、通研へのアプローチ (2.3.4)]]  2006.1.20
 -[[メーカと電電公社のヒアリング (2.4)>連載物語/メーカと電電公社のヒアリング (2.4)]]  2006.1.25
 -[[相磯教授、元岡教授との出会い (2.5)>連載物語/相磯教授、元岡教授との出会い (2.5)]]  2006.2.1
 -[[プロジェクトの命名 と広報活動開始(2.6)>連載物語/プロジェクトの命名 と広報活動開始(2.6)]]  2006.2.18
 -&color(DarkGray){中野からの引き継ぎ (2.7)};
 -[[研究開発組織をどう作るか(2.7)>連載物語/研究開発組織をどう作るか(2.7)]]  20060225
 -&color(DarkGray){「地図」の作成 (2.8)};
 
 ***第3章	未知の海へ[#ke7820ec]
 
 >
 -&color(DarkGray){委員会の船出 (3.0)};
 -&color(DarkGray){分科会活動を開始する (3.1)};~
   &color(DarkGray){社会環境分科会};
   &color(DarkGray){基礎理論分科会};
   &color(DarkGray){アーキテクチャ分科会};
 -&color(DarkGray){受け身ではなく、攻撃しよう (3.2)};
 -&color(DarkGray){ミニデルファイ結果のまとめ (3.3)};
 -&color(DarkGray){未来へのシナリオを図示する (3.4)};
 -&color(DarkGray){本委員会での発表、戦う事務局の成立(3.5)};
 -&color(DarkGray){知識情報処理システムのイメージを描く (3.6)};
 -&color(DarkGray){主役は渕一博に絞られていく (3.7)};
 -&color(DarkGray){他分科会の動き(3.8)};
 -&color(DarkGray){目標を知識情報処理に設定する(3.9)};   
 
 ***第4章	プロジェクト成立はミラクルか [#b3b1d589]
 
 >
 -&color(DarkGray){情報文化フォーラム};
 -&color(DarkGray){意思決定過程の跡付け};
 -&color(DarkGray){コンセンサス形成への道};
 -&color(DarkGray){国際会議};
 -&color(DarkGray){大蔵予算がつく、};
 -&color(DarkGray){ICOT設立へ};
 -&color(DarkGray){海外への波及と相互作用};
 -&color(DarkGray){夢と不安を孕んだ展開};
  
 **第2編 米国の風[#df2223a7]
 >
 (目次未定)
 
 #br
 ----  
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
© Knowledge Produce Inc., 2005.